Google「Alphabetの名で製品を出したりブランド展開をする予定はない」

Googleは2015年8月1日に自ら親会社「Alphabet」を立ち上げました。

しかし、「Alphabet」という名前は「Google」と違い、非常に一般的な普通名詞であり、他社の社名やブランドとトラブルになるのではないかと懸念が示されました。

ドイツ自動車大手のBMWの広報担当者は「Alphabet」という名前はBMWの子会社と同じ名前であるとして「商標をめぐる影響があるか調査中だ」とコメントを出しました。

Googleの子会社(現在はAlphabetの子会社)には「Waymo」という自動運転車開発企業が存在します。

他にも米国内だけで「Alphabet」を含む商号を持つ、あるいはかつて持っていた企業が8社もあります。

こうした状況に対しGoogleは「Alphabetは持株会社であり、『Alphabet』の名前で製品を出したり、ブランド展開したりする考えはない」と明言しています。

参考: