アメックスのプラチナ・カードが金属製になりました。

アメックスのプラチナカードが金属製(メタルカード)になったようです。

金属製になったのは2017年3月30日から。

金属製になるのは米国のみなので、日本ではあまり話題になっていませんね…

日本でもいずれ金属製になるのでしょうか…

追記:日本でも2018年10月15日以降の申し込み分からメタルカードが発行されます。

デザインはこんな感じです。

ビジネスカードのデザインは大きく変わって、通常のプラチナ・カードとほぼ同じデザインになりました。

よりリアルな質感がわかる画像はこちら。私はプラチナ・カードはおろか、アメックスを持っていないので(泣)、Twitterから引用。

15桁の番号が表面から裏面に移動しているのが大きな変更ですね。

通常カードもビジネスカードもシンプルなデザインになってカッコいいですね。個人的には以前のキラキラした感じの方も好きですけど。

でもやっぱりメタル(金属製)の方が高級感があっていいですよね。

同じくアメックスのブラックカードであるセンチュリオン・カードは以前からチタン製のカードを発行していました。

その流れがプラチナカードにもきたということですね。

ただ、センチュリオン・カードがセカンドカード(AC)としてチタン製のカードを発行していたのに対し、プラチナ・カードはセカンドカードの発行はなく、プラスチック製か金属製のどちらかを選ぶ必要があるそうです。

というのも、日本のアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードはセカンドカード(AC)が発行できますが、米国ではセカンドカードはプラチナでは発行できないらしい…

年会費も違えばサービス内容も違うんですね。

最近ではラグジュアリーカードのマスターカードなど金属製のクレジットカードが日本でも増えています。

今後クレジットカードは、色やデザインだけでなく、カードの素材で差別化をするようになっていくんですかね。

上級カード=金属カードという流れは加速しそうです。