タンス預金は失踪に役立つ

タンス預金の特殊なメリットが政府や金融機関等にお金の流れを追跡、捕捉されないと言うことです。

言うまでもなく銀行を使っていれば給料や報酬が銀行に入ることで収入や働き先が捕捉されてしまいます。

クレジットカードや銀行振込で買い物や支払いをしていれば支出まで特定されます。

政府や金融機関にお金の流れを追跡されないことによるメリットは差し押さえを回避したり、脱税やマネーロンダリングがしやすくなることです。

しかし、銀行の預金を差し押さえられるとなれば、それ自体が問題ですし、脱税やマネーロンダリングは基本的に犯罪ですので、言うまでもなくオススメできません。

真っ当に生きている人やトラブルなく行きている人にはなんのメリットにもならないはずです。

止むを得ない事情により失踪したい人にオススメ

ただし、世の中にはなんらかの(合法的な)理由により「失踪したい」という方もいます。

例えば異常にしつこいストーカーから逃げたい、同性愛者とバレて執拗に差別されている、性転換をして新しい人生を歩みたい、家族から虐待されている、悩みを捨てて人生をリセットしたい、そんな方達も世の中にはいます。

一般的に本人以外がたやすく銀行や納税、クレジットカードの利用履歴を開示できるわけではありませんが、例えば家族から逃げたいなどと言う場合、家族の権限は大きいので脅威となります。

ですから、できる限り金融機関を使わずに現金で生活することが失踪の重要なポイントになります。

大抵の方に当てはまることではありませんが、そのような方達にはメリットになります。