クレジットカードで足りない生活費を補おうとするのは絶対NG

クレジットカードは購入から引き落としまでタイムラグ(時間差)があるので、手持ちの現金がなくても買い物ができる便利なアイテムです。

しかし、普段の生活費までタイムラグを利用して一時的に手持ちのお金より多く買い物したり、クレジットカードのリボ払いやキャッシング(借金)に手を出すのは非常に危険です。

クレジットカードは、手持ちの現金がなくても、今すぐに必要なものを購入することができる便利さがあります。近くにATMがなかったとしても、現金を下ろしに行く手間が省けるというメリットはありますが、自分の口座にまったくお金が入っていなかったとしても買い物ができてしまうので注意が必要です。

これは、ごく当たり前のことなのですが、クレジットカードで支払いを済ませた場合、支払い日には、指定の口座からカードを利用した分の金額が引き落とされます。たとえば、今月の生活費が足りなくなったとします。ほとんど貯金がなく、どうしても必要なものを購入しなければならない場合、中には、クレジットカードで支払いをしようとする方もいるかもしれません。

このような場面でクレジットカードを利用する方は、次の給料で支払いを済ませれば良いから大丈夫だと思ってしまうかもしれません。すると、次回の給料の中からカードの支払いをする必要があるので、その月に使える生活費が、その分、少ないことになってしまいます。

すると、その月の生活費が足りなくなった場合に、クレジットカードを利用するというように、支払いの悪循環に陥る可能性が高くなります。1回に利用する金額が小額だったとしても、積もり積もって、支払い金額の合計がかなりの額になってしまうこともあります。

特に、キャッシングやリボ払いなどに手を出してしまうと高い手数料も取られてしまうので要注意です。

対処法

支払いの悪循環を生み出さないためにも、家計簿を付けたり、明細書をこまめに確認し、必要以上にお金を使わないように注意しましょう。

どうしても買いすぎてしまうなら、クレジットカードよりも即時引き落としのデビットカードを利用すると良いでしょう。

デビットカードは即時引き落としですが、支払いの際にクレジットカードと同じように簡単に支払いを済ませることができます。それでいてポイントが貯るものもあるので現金よりお得です。

デビットカードは利用したその瞬間に、指定の口座からカードを利用した分だけ引き落とされるので、あとどのくらい生活費が残っているのか、目で見て分りやすい特徴があります。

デビットカードは支払いを先延ばしすることができないので、その月の生活費を計画的に使う習慣が身につくでしょう。

デビットカードはクレジットカードと違い使ったら即その場で銀行口座から代金が引き落とされます。そのため、お金の管理がしやすく使いすぎの心配が少なくなります。

借金(後払い)ではないので、クレジットカードのように翌月に請求を見て「こんなにお金を使った!?」と驚くこともありません。

(中略)

デビットカードで支払いをすると代金が即座に登録した銀行口座から引き落とされます。

そのためデビットカードは支払いをする際に銀行口座に入金されている残高分しか使えません。そのためクレジットカードと違って借金を作ってしまう心配がありません。

クレジットカードのようにお金がない状態で使おうとしてもデビットカードの場合は口座に資金がなければ決済ができません。

出典:デビットカードのメリットとデメリット