クレジットカードのサインは名前でも記号でもなんでも良い

クレジットカードを使う際は、カードの裏面にサインをしなければなりませんが、そのサインは名前でも記号でもなんでもOKです。

クレジットカードのサインに使えるのは?

クレジットカードを受け取り、不備がなければ、カードの裏面にサインをします。

クレジットカードはちゃんと裏面にサインをしなければ使えません。

クレジットカードのサインは自分の本名を書くのが一般的ですが、実は特にルールはなく、サインはローマ字、漢字、ひらがな、カタカナ、記号、イラストなんでもOKです。

また、名前の場合も本名、旧姓、旧名、あだ名、ペンネーム、他人の名前なんでもOKです。

クレジットカードのサイン(署名)において重要なのは、カードの裏面と支払い時のサインを同じものにすることです。

大切なのはクレジットカードの保有者と支払いを行ったものが同一であるとわかるようにすることだからです。

ですから、その点さえ守れるならば、クレジットカードのサインは基本的にはどのようなサインであってもOKです。

参考:クレジットカードのサインはひらがなや漢字、イニシャルでも良い

ただし、面倒なトラブルが起きないようにするためにも、実名を記入した方が良いでしょう。