クレジットカードの不正利用を補償する紛失盗難保険とは

日本で発行されるクレジットカードは、基本的にすべて盗難保険が付いています。

これは、クレジットカードを紛失したり盗難に遭って誰かに不正利用された場合に、その損失を補償してくれる保険です。

つまり、不正利用による決済に関しては全てカード会社が保障してくれます。

これらは無料、有料、学生向け、ビジネス向けなど問わず、ほとんどのクレジットカードに付帯しています(盗難保険がないクレジットカードは日本ではまずありません)。

しかも、これらは自動付帯なので、特別な手続きや申し込みをする必要もありません(補償を請求する際は申請が必要です)。

盗難保険はあらゆる不正利用に対応

盗難保険や紛失保険と言われますが、実際には犯罪によって利用された金額の全てが対象です。

クレジットカードの盗難はもちろんのこと、カード番号の流出や不正アクセスによる被害なども盗難保険の適用範囲です。

そのため、クレジットカードの不正被害に関しては利用者が負担する必要はありません。

ただし、不正利用される可能性があることを知りながら対策をせず放置していると過失責任が問われ盗難保険が適用されなくなる可能性があるので注意してください。