自殺症状が軽くなった回復期がいちばん危ない

うつ病は本当に酷い時は死ぬ力さえありません。

むしろ、少し外出できるくらいの元気が出てきた時が危険です。

自殺は、実は回復期や軽いときのほうが多い。本当に 重症になると、「死のう」という元気すらなくなる。

ところが回復期になると、抑うつ感や不安感は残っているのに行動のエネルギーだけが復活してくるのである。

周囲は、「だいぶ良くなったみたいだ」と安心してはいけない。良くなったようだが、言動がおかしかったり、急にふさぎ込んだりするようだと、自殺の危険性はかえって高い。

しばらく元気になったけれども、ここ数日おかしい。 再び以前のように落ち込むようになった。イライラしたり、落ち着かずそわそわするようになった。ぽつりと 「死にたい」とつぶやいたりする…。こういう兆候が出たら、危ないと思おう。

出典:あなたの大切な人が『うつ』になったら

これは割と有名な話なので、知っている方も多いかもしれませんが、自分の大切な人が自殺するようなことがないよう、こうした情報は頭の片隅においておいた方が良いでしょう。