Gizmodo Media Groupはどのように新しいバーティカルサイトを立ち上げているのか?

How Gizmodo Media Group finds new verticals to launch – Digiday

Gizmodo Media Groupは、小さく考えることで大きくなろうとしています。先週、Univision傘下のGizmodo Media Groupは、サービス指向のサイトであるLifehackerの下に、子育てチャンネルであるOffspringを立ち上げました。これは、Gizmodoが今年に入って立ち上げた2つ目のバーティカルサイトで、2月に立ち上げたeスポーツに関するCompeteに続き、合計40近くのバーティカルサイトがあります。Gawker Mediaの前身であるGizmodo社は、今年はさらに多くのバーティカルサイトを立ち上げる予定であると述べていますが、その数については明らかにしていません。

米Gizmodo社だけではありません。NBC News、HuffPost、Dotdashなどのパブリッシャーは、コンテンツが乱立するインターネット上のオーディエンスにリーチし、彼らに対して広告を販売する機会を増やすために、垂直的なアプローチをとっています。

しかし、HuffPostをはじめとする他のパブリッシャーが、ソーシャルプラットフォームでのエンゲージメントや、検索でよくヒットするものからヒントを得ているのに対し、Gizmodoは読者が自社のプラットフォームで何をしているかに基づいてバーティカルを立ち上げています。

例えば、DeadspinとKotakuの編集者が、Eスポーツに関する記事のトラフィックとコメント数が不均衡であることに気づいたことが、Competeを立ち上げるきっかけとなりました。

“Gizmodo Media Groupの広告販売を担当しているFusion Media Groupの広告販売担当SVP、Mia Libbyは、「十中八九、こうしたアイデアは編集部から出てくるものです」と言います。”私たちはこれまで、売上に左右されるようなバーティカルを持っていませんでした”

サイトをより大きなパッケージの一部として販売できることは、大きなセールスポイントになります。OffspringとCompeteは、それぞれSamsungとGilletteをローンチパートナーとして迎えました。これらのスポンサーシップは、Gizmodo Media Groupの他のプロパティを含む、より大きなパッケージの一部として販売されましたが、Libby氏はその詳細については言及しませんでした。

米Gizmodo社は、少ないリソースでバーティカルコンテンツを立ち上げています。Competeには毎日3人のスタッフが寄稿していますが、Lifehackerの一部であるSkilletやKotakuのSploidを含む他のバーティカルは、ライターが1人しかいません。Offspringは、Lifehacker、Jezebel、Deadspinなどのギズモード社のサイトから集めたアーカイブコンテンツだけでスタートしました。ライフハッカーの編集長メリッサ・カーシュによると、同社は現在、このサイトのために編集とビデオのスタッフを雇っています。

今のところ、このようなミニマルなアプローチは、これらの小規模なバーティカルサイトに専用のソーシャルチャネルがないことを意味します。パブリッシャーの中には、FacebookやInstagramだけで展開するバーティカルサイトを立ち上げているところもありますが、Gizmodoではすべてを自社運営のプラットフォームに置いています。この戦略によって、広告主と一緒にできる仕事の種類が制限される可能性もありますが。

“メディアエージェンシーAssemblyのVPであるBrian Aitken氏は、「ViceにしろGizmodoにしろ、バーティカルコンテンツを増やすことがパフォーマンスマーケターの解決策になるとは限りません。”Offspringは、Pampersのようなコンテクストに関連したブランドのマーケティング問題を解決するかもしれませんが、もし私が自分のオーディエンスの中の人々にチャネルを超えてリーチできないのであれば、新しいバーティカルは私のマーケティング問題を解決していないことになります」。

リビーは、同社のアプローチが長期的には読者や広告主の役に立つと信じていると語り、過去12カ月間でバーティカルサイトには25社のスポンサーがついていると述べています。”リビーは、「私たちにとって重要なのは、長く続けるための戦略を考え出すことです」と語ります。”私たちにとって重要なのは、長く続けるための戦略です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です