パソコン、スマフォ

コスパ抜群!iPhone SE(第2世代)のメリットとデメリット

投稿日:

コスパ抜群のiPhone SE(第2世代)のメリットとデメリットを解説します。

iPhone SE(第2世代)のメリット

iPhone SE(第2世代)には多くのメリットがあります。

価格が安い

iPhone SEの価格は以下の通りです。

  • 64GB:44,800円
  • 128GB:49,800円
  • 256GB:60,800円

(これらはAppleの公式サイトから購入した場合で税別です。)

最近のiPhoneは安いモデルでも10万円するので気軽に購入できるものではありません。

しかし、iPhone SEであれば最安モデルで44,800円です。かなり手が出しやすい値段になったと思います。

軽い、薄い、小さい

iPhone 11やiPhone 11 Pro Maxなど近年のiPhoneは大きなサイズです。ですが、スマートフォンは小さい方が良いという方は少なくないと思います。

iPhone SEはiPhone 8と同等の大きさで片手でも持ちやすいサイズです。

他のiPhoneと比べてみてもiPhone SEは明らかに小さいです。

iPhone 11とiPhone SEの比較

iPhoneのサイズ

iPhone SE(第2世代)のサイズと重量

  • 重量:148g
  • 高さ:138.4 mm
  • 幅:67.3 mm
  • 暑さ:7.3 mm

機能、性能は十分

iPhone SEは廉価版とは言え、機能・性能も十分あります。

iPhone SEは第1世代のiPhone SEにはなかったワイヤレス充電、耐水、Apple Pay、eSIMに対応しています。

スペックもかなり良いです。最新のiPhone 11やiPhone 11 Proと同じ「Apple A13 Bionic」と呼ばれるチップ(プロセッサCPU、CPU、キャッシュメモリ)を搭載しており、最新のiPhone 11やiPhone 11 Proの9割ほどの処理能力を誇っています。

ホームボタンとTouch IDがある

iPhone SEにはホームボタンとTouch ID(指紋認証)があります!

Touch IDはかなり便利な機能ですよね。

iPhone Xから搭載されたFace ID(顔認証)はマスクをしていたり、寝起きだと反応が悪いという評判があり、Touch IDの方がよかったという方もいるでしょう。

Touch IDを評価している方ならiPhone SEを買う意味は十分あります!

iPhone SE(第2世代)のデメリット

iPhone SE(第2世代)にはほとんどデメリットがないと思いますが気になるのは以下の点でしょうか。

イヤフォンジャックがない

iPhoneは2016年に発売されたiPhone 7以降イヤフォンジャックが搭載されていません。

第2世代のiPhone SEにもイヤフォンジャックはありません。

iPhone SEで有線のイヤフォンを使うためには「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を使う必要があります。

ちなみに第1世代のiPhone SEにはイヤフォンジャックがありました。

iPhone 8用の画面保護フィルムが使えない

iPhone SE(第2世代)はiPhone 8と同等のサイズです。ですが、全く同じではありません。

画面に使われているフロントガラスの表面のカーブがiPhone 8と微妙に違いがあります。

そのため、iPhone 8用の画面保護ガラスフィルムを貼るとエッジ部分が浮き上がってしまいしっかり貼ることができません。

iPhone SEに画面保護フィルムを貼りたい場合はiPhone 8の物を使うのではなく、iPhone SE専用の物にしましょう。

まとめ

iPhone 11などの高性能なiPhoneは素晴らしいものです。

ですが、それらは値段が高かったり、本体サイズが大きかったりとデメリットもあります。

iPhone SE(第2世代)はTouch IDがあったり、コンパクトだったり、値段が安かったりと魅力的です。

どうしても最高のiPhoneでなくてはならないというオタク、マニアの方はともかく、「普通にLINEやTwitter、Instagramができたらいいかな」というレベルの方にはiPhone SEは良い選択肢です。

-パソコン、スマフォ

執筆者:

関連記事

Apple Pay

Apple Payとは?メリット・デメリットを解説

Appleが提供するキャッシュレス決済サービス「Apple Pay」のメリット・デメリットを解説します。

AppleにMacBook Proの修理を依頼したら対応が最悪だった件

以前、AppleにMacBook Pro(ノートパソコン)の修理を依頼しました。 当方が確認していた不具合は画面のコーティングの問題とバッテリーの不具合だけでした。 しかし、修理に出したところ、SSD …

格安SIMはデビットカードでも契約(支払い)できるのか?

格安SIMを契約する場合は、基本的にクレジットカードの登録が必要です。 しかし、中にはデビットカードが使える格安SIMもあります。

通信量無制限の格安SIMは「U-Mobile LTE使い放題」がオススメ

通信量無制限の格安SIMは「U-Mobile LTE使い放題」がオススメです。

通信費を節約するために「格安SIM」を導入しよう

テレビなどでも取り上げられ知名度が上がってきた「格安SIM」。 しかし、まだまだ使っていない方も多いようです。 ですが、もはやdocomoやSoftBankはボッタクリの域。格安SIMを使わないなんて …